モバイル環境再考〜ChrombookからiPad miniに戻した件



結局Appleのエコシステムに取り込まれてるなーと思いつつ。
以前、Chromebook最高!というブログを書いたのですが、
半年経って悲しいかな全然使わなくなってしまいました。
なんでだろうかなと考えていると
・Chromebookの画面を見るのがしんどくなってきた
・キーボードが小さくて打ちにくくなってきた
・SIMが刺せないから、起動後何をするにもタイムラグがある
・iPhoneと写真の共有が面倒
・出来ないことがiPadとほぼ同じ
とまぁ色々と出てくるわけです。

Chromebookの画面を見るのがしんどくなってきた問題

まず一番に画面の問題。フォントや、解像度など、
11インチの画面を読むことが辛くなってきたんです。
これがChromebookのスクリーンショット
Yahooのトップですが、まぁララァは気にせず見てください(笑)

フォントサイズを一つ大きくしてこんな感じ。

iPadmini2だとこんな感じです。

ご覧になっている環境次第ですが、
Chromebook、実際はこの画像よりもうちょっとドットが目立つ印象で、
脳内で補完しながら読んでいる感覚があって疲れます。
昔は普通だったんでしょうが、Retinaに慣れてしまうと
辛いものがありますね。
こんなに画面の大きさが違うんですが、
情報量がほぼ同じという。

キーボードが小さく感じてきた問題

新iPadPro9.7inchに懐疑的な理由もこれです。
今まで、iPad3rd、iPadmini2、そしてChromebookと渡ってきましたが、
キーボードはいつも悩みのタネでした。
歴代のキーボードを並べてみるの図。

iPad系には、ロジクール
ChromebookのキーボードはiPad3rdとほぼ同じ大きさ。
快適、というのは若干問題のある大きさですが、
iPadmini用の一体型よりはマシ、という感じです。
で、一番右下のAnkerのキーボードを使ってみることに。
これがすこぶる良い感じです。
上から、
iPad3rd
Chromebook11
Anger
Apple wireless keyboard

普段使っているApple純正を持ち歩くのは
持ち歩くものは壊れやすいと思ったので。
Ankerのキーボードは2,000円前後と非常にコスパも良いです。
というわけで、iPadminiがこれから

こうなりました。

因みにスタンドもAnkerで1,500円前後。とってもお得です。

iPhone使ってるなら、iPadが便利すぎるという問題

SIMに関してはcellularモデルを買えば問題なし。
写真の共有もiCloudでシームレスに。
出先でやりたいブログの投稿なども、
画像圧縮アプリがあったりと
至れり尽くせりだったりします。
Chromebookもブラウザアプリで対応することはできるんですが、
結局テザリングなどに繋ぐ時間が掛かるので手間なんです。

ChromebookにはChromebookの良さがある

散々iPadを褒めてきましたが、
Chromebookの一番の強みは「再生能力」「出力」です。
TVやプロジェクターに繋いで
ブラウザを閲覧したり、YouTubeを見たりする時には
驚異的な安定感を発揮します。
他の端末と比べても全然熱くならないし、電池も持つし。
ChromeOS内臓プロジェクターとか作ったら便利そう。
超ニッチすぎて売れるかは微妙ですが(汗)
というわけで、Chromebookとも仲良くやりつつ、
モバイルはiPadminiで頑張っていこうかと思います。
別にカフェでドヤ顔したいだけじゃないですから!






神戸で学ぶ小規模教室
monotipsWEBセミナー

ジャンルごとに様々なWEB情報の交換ができるセミナーを定期開催中




ABOUTこの記事をかいた人

クラハイト合同会社CEO  中小、ベンチャー、ひとりメーカー向けTIPS情報メディア「monotips」の編集長。ものづくりメーカーの経験を活かした、ベンチャー、中小、個人メーカー、企業の業務改善コンサルティングを行なう。株式会社ロンド工房のクリエイティブ・ディレクターとして、皮革製品、文房具、雑貨の企画、製造、販売も行なっている。