Wi-fiルーターを変えるだけでこんなに快適に!AirMac Expressが届いた件



9月はAppleの季節で楽しいですね。
色々と噂がでているAppleの新商品。
私のメインPCは4年型落ちのMacbook Pro 15インチで
Retinaになった最初のモデルだったと思います。
最近会社でネットが遅かったり
社内サーバーに繋がるのも遅かったりと
何かと不具合が多くなってきて
「そろそろ寿命かな、買い換えようかな」と思っておりましたが
ところがどっこい原因が他のところに。

Wi-fiルーターの世界も日進月歩。だが選ぶのは難しい。

もともと使っていたルーターはかなり昔から使っているN社のもの。
一通り必要な昨日は備わっているのですがなにしろ時代もので遅い。
で、実は1年前に比較サイトで1位だったL社のルーターを買ったのですが
どうも外れに当たったらしく設定画面に入ってすぐに切れてしまうという挙動の繰り返し。
こちらの設定が悪いのかと半ばあきらめて前のルーターを使っていたわけです。
今回、いかんともし難いほど重くなってきたのと、
どうせMacを買い換えるかもと考えているくらいならえいやで買ってしまえということで
試しにApple製のAirMac Expressを購入してみました。
(ちなみに、ケチって1世代前のモデルです^^;)

Macユーザーならこれを選ばない手はない!というほどの設定の簡単さ。

で、届いたわけです。
とりあえず電源とLANケーブルを挿すと、
少し待った後で自分のMacのWi-Fiのところに
特別枠で「AirMac Express」の文字が!
クリックしていくとあっという間に設定完了です。
よく考えたら端末から電波を発信するわけだから
同じメーカーなら有線で繋いでからIPを打つとかじゃなくて
こういう初期設定ができるんですよね。恐れいりました。
詳細が上がっているブログがありましたが、
Macユーザーなら本当に感覚で作業できるはず、です。
初心者でもわかるように解説!AirMac Express のPPPoE設定とWi-Fi 設定

ルーターが変わると、まるでMacを買い換えたかのような快適さ。

ウェブアプリケーション花盛りの昨今。
弊社も各種Googleソフトをはじめさまざまなものを使用しています。
これらが快適に動くようになることで、
まるで新品のPCに買い換えたかのような快適さを得ることができました。
もっと早く買っておけば良かった。
ネットワーク周りの設定は複雑なので
同一メーカーでスマートに繋いでくれると大変助かります。
お陰でどんどんApple機器が増えていくわけですが…。






神戸で学ぶ小規模教室
monotipsWEBセミナー

ジャンルごとに様々なWEB情報の交換ができるセミナーを定期開催中




ABOUTこの記事をかいた人

クラハイト合同会社CEO  中小、ベンチャー、ひとりメーカー向けTIPS情報メディア「monotips」の編集長。ものづくりメーカーの経験を活かした、ベンチャー、中小、個人メーカー、企業の業務改善コンサルティングを行なう。株式会社ロンド工房のクリエイティブ・ディレクターとして、皮革製品、文房具、雑貨の企画、製造、販売も行なっている。